毛周期を知って脱毛上手になろう!

自己脱毛も、サロン脱毛も、さすが毛髪や脱毛に対する記帳については、蓄えておいてマイナスはありません。それぞれのムダ毛の直感を分かる結果、どんどん良い脱毛事情を目指すことができるのです。

 

その脱毛記帳のひとつ、「毛髪ローテーション」に関しまして見てみましょう。

 

体毛は生えたら生えっぱなしではなく、成長して一定の時季になると、わざと脱毛しなくても自然に抜け落ちて赴き、また新しく生えて来るというローテーションを繰り返していらっしゃる。

 

こういうペースを毛髪ローテーションと呼びます。本当はこういう毛髪ローテーション、それぞれの部位の体毛によってことなるのです。

 

たとえば顔つきの産毛などは毛髪ローテーションが速く、生えてから抜け落ち、また生えるまでが手っ取り早いのえす。

 

一方で、頭髪や両わき・味方のムダ毛は遅れる足取りこそすばやいものの、毛髪ローテーション自体は数か月〜半年といった長目だ。

 

このように、各部位の毛髪を通じて毛髪ローテーションはさっぱり異なります。こういう毛髪ローテーションの違いから出来上がる弊害は、「あっという間に脱毛保守を通してもムラが出やすい」について。

 

たとえば自己脱毛派において「週末にまとめて脱毛保守」として掛かるそれぞれは、無性に年月が経つうちに在る部位といったそうでない部位がバラバラといった出てきてしまうのです。

 

毛髪ローテーションペースの少ない点、伸びる足取りの手早い部分に合わせて、まめな脱毛保守を行った方が有益と言えるでしょう。

 

サロン脱毛のそれぞれは、決してまとめて顔つきと身体の脱毛をお願いするでしょうが、後に毛髪ローテーションの少ない顔つきの産毛が目立ってきたけど、

 

毛髪ローテーションの長い他の体毛は決して気にならないから、変化をとろうかどうしようか…と苦しむことになります。これは仕方がない事ですので、部位ごとにこまかく通った方が良いかもしれませんね。

関連ページ

家庭用脱毛機はサロンとなにが違うの?
脱毛サロンと家庭用脱毛機との違いを説明します。最近では家庭用の脱毛機も充実していますが、やはり脱毛サロンに比べると効果的に劣っているのは間違いありません。