TBCでの脱毛

24歳の時にTBCでの脱毛を始めました。TBCでは、大きく分けて2つの脱毛授業があります。一種は、アメイジング脱毛はで、毛孔1つ1つに針を刺し、電気を流して毛根を殺すとうい脱毛テクニックだ。

 

部位にもよりますが、とても痛苦が伴います。もう1つは、光線脱毛はで、広範囲に光を当てて、毛量を燃やす脱毛テクニックだ。皆目痛苦はなく、僅か可愛らしい水準だ。

 

ぼくは初めて、ワキをアメイジング脱毛でケアしました。脱毛消息筋は、とても痛くて、にぎり棒を持ってない人間のコツにはいつも爪痕が残っていました。

 

中でも中心部から、外層に行くによって痛苦が足し、脱毛が終わった後は涙目になっていました。

 

次はVIコースのアメイジング脱毛だ。用意されたスイムスーツに着替えて脱毛ケアをします。ビデオよりもIコースの脱毛のほうが痛苦が著しく、ケアした箇所を直ちに冷却してもらいながら脱毛を進めてもらいました。

 

背中って右腕は光線脱毛でケアしました。とりあえずコットンで殺菌してから、ゴーグルをかけて光をあていきます。皆目痛みがないので、これで心から脱毛適いてるの?と思いますが、確かに毛量が減っていきます。ぼくは脱毛3回授業でケアしました。

 

脱毛の後は、肌が乾燥するので、その場でもとっくり保湿を通じて下さいが、家でも保湿ってアイシングパッケージにおいて肌を整え、次回の脱毛に備えます。

 

肌が乾燥していると、埋もれヘアーなどになりやすく、脱毛がうまくいかないそうですので、ヘルプは大切です。

 

最後に、婚礼に備えて、鼻以下というコツの指をアメイジング脱毛しました。ちょっとヘアーを伸ばしてからケアしないといけないので、鼻下のヘアーを伸ばしておくのは恥ずかしかっただ。